無線LAN

2011年6月 5日 (日)

auひかり導入にともなうあれこれ(その4)

無線LAN経由でセットトップボックスを使う

auひかりが開通し、セットトップボックス(HD-STD)も届き、2週間ほどは有線でセットトップボックスをLAN接続していたが、ルータは西側の壁にある電話のモジュラーに接続してあり、テレビとセットトップボックスは東の窓際にあり、直線距離で約10m程度はなれているため、廊下を走るLANケーブルが邪魔である。電力線を使ったPLC(電力線搬送通信)や同軸ケーブルモデムの利用も考えたが、いまひとつ一般的でなくトラブルが怖いのとコストが高くなりそうなので無線LANを選択することとなった。
購入したのはAterm WR8700Nと子機のAterm WL300NE-AGのセット。さらに近所のショップでプラネックスのGW-US300MiniSを870円で販売していたので、衝動買いで2個購入。
Aterm WR8700NはブリッジモードにしてAterm WL300NE-AGと無線接続し、WL300NE-AGの二つのポートのうちのひとつから有線でセットトップボックスに接続し、残りのポートを従来から使用していたテレビ横のHUBに接続し、HUBからテレビとPC2台に有線でLAN接続する形とした。GW-US300MiniSについては、ひとつは Note PC用として使いまわし、もうひとつはできればUbuntuを載せたデスクトップに利用したいと考えていた。
Aterm WR8700Nは極力廊下に近い北側の机の裏に設置し、WL300NE-AGは居間の東の窓際、テレビの北側に設置した。
両者は約8m離れている。イメージとしては図のような感じである。

Musenimage
 
WR8700Nに直接接続した2台のPC(kasei、chikyu)とWL300NE-AGにHUB経由で接続したPC(tennousei)、ならびにGW-US300MiniSで直接WR8700Nにセットトップボックスの近くから接続したPC(kaiousei)のそれぞれの回線速度は次のような結果となった。(2011年6月5日午前10時ごろ。単位はMbps)
 
PC名称 Gooスピードテスト Usenスピードテスト
chikyu 45.66 51.2
kasei 46.35 50.9
tennousei 24.37 30.3
kaiousei 9.32 16.6
 
ちなみに、それぞれのPCのスペック概要は以下。
 
PC名称 CPU メモリ搭載量 NIC
chikyu Core2Duo E6600 8GB Realtek RTL8168/8111
kasei Core i5 750 16GB Realtek RTL8168/8111
tennousei Pen4 @2.5Ghz 1GB 3C905B
kaiousei Celeron M340 @1.5Ghz 1.5GB GW-US300MiniS(USB2.0)
 
セットトップボックスの接続を有線LANから無線LANへと変更したため、上記の WR8700Nへ直接接続しているPCとWL300NE-AGを経由して接続しているPCの回線速度差が生じているのと同様の速度低下が生じていると思うが、果たしてそれはauひかりTVの視聴に影響を与えているのだろうか?
無線LANに変更してから、すでに2週間以上が経過しており、その間有線LANに戻そうと考えたことはなかった。しかし、無線LANに変更してから有線 LANのときには一切見られなかった画面がモザイク状になって一瞬止まるような現象が映画4本に一回1秒程度(統計を取ったわけではない。あくまで体感でのこと)生じているのも事実である。auひかり回線の不具合によるものなのかもしれないので、一概に無線LAN化したためだと断定はできない。個人的に断定できることがあるとすれば、現状のままであれば我が家では有線LANにするつもりは無いということである。
同軸ケーブルモデムについては、台所以外の各部屋(計4箇所)にテレビのアンテナ接続用の同軸ケーブルが配置されているので、是非とも主流になって安くなってほしいと思っている。手ごろな値段になれば、当然移行を検討する。
2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ