ウェブログ・ココログ関連

2011年7月 3日 (日)

解せぬものにはバグの疑いを抱く!!!

狸寝入りしそうなわたし

狸寝入りの語源は、タヌキが臆病な動物で、驚いた時には倒れて一時的に気を失うことに由来しているとか。
臆病な私は、本日は驚いて卒倒しそうになった。

パソコン通信の掲示板でも、インターネットのホームページでも、そしてブログでも、一般の方がご覧になる場所に、何かの記事を出すというのは、それを書いた本人としては、いろいろと気になるものである。
かつてniftyserveの掲示板には参照数が出ていて、参照されそうもない掲示の参照数が短時間に急増したりすると、古株のウォッチャーがログを提示して「なんかやってるね」などと揶揄したものでもあった。
ホームページを作成し始めたころには、レンタルサーバなどでサーバのログを提供してくれるサービスが無料でついていたりして、エクセルなどに入れて、眺めて喜んでいた記憶もある。

ココログを始めて、ログインすると「アクセス解析」の文字が目にはいる。もちろん、気になり覗いてしまうのは、人の常だろう。頻繁に眺めて、「お~ 今日はすごく人が来てるなぁ」とワクワクして、「ページ別アクセス数」を見て、不本意なページに人が集中していると、ちょっと「むっ」としたり、「この ページや検索ワードでいらしているなら、もう少しその部分を充実しないと申し訳ないな」という気持ちになって、ついついブログの趣旨と外れる記事を認めたりと、私は結構影響される。
「自分の『備忘録』として作っているのに参照者に迎合するのはおかしいだろう」と軌道修正をするが、「記事数50でランキング平均5000位ぐらいなら、 記事100にしたら平均3500位ぐらいになるかもしれない」と勝手なことを考えて、自分に対するインセンティブとしていることも確かである。
「自分のために作ったものが他の人にも役立つならそれにこしたことはない」という建前だけでは、なかなか作業は進まない。

そこでふと気になった。ランキングというのは「相対的」なものである。たとえば「ココログ」に100万人のユーザがいて、そこで5000位だった ら、これなかなか凄そうであるが、6000人で5000位だったら、ちょっとがっかりである。

そこで、ネットの中をうろつき調べてみると、どうやら「ココログ」には11000~12000ぐらいのアクティブユーザがいるということが分かっ た。

真剣に考えたわけではないが、その人数が分かったときに、次のようなことを考えたと思う。

「パレートの法則からすると、上位2割が8割の参照数をとると考えられる。残りの2割の参照数の8割も、8割の上位2割がとるだろう。上位36%で 96%ぐらいか。そうすると残り4%の8割の3.2%ぐらいを64%の2割、12.8%の人数で分け合う感じかな。単純化すると3%を10%の人、つまり 約1000人で分け合うのだ。それが今の自分の数値に近いだろう」つまり、100人のユニーク訪問が一人分に相当するわけで、100人×1000が3%に 相当する。そうすると全部のユニーク訪問は概ね300万人程度。240万ユニーク訪問を上位20%の2000人で単純平均すると、
「上位2割に入るためには、平均で1200ユニーク訪問。もちろん、ここでも上位の方はずっと多く訪問されるだろうから、800ぐらいでも十分かもしれな い。」と。
ポドケインみたいに計算尺を持って入れば数値を確認したかもしれないけれど(計算尺の使い方はとっくに忘れたけれど)、LibreOfficeで統計処理 をするという記事はまだ先の予定だったので、とにかく、こんなようなことを考えたわけだ。ここにあげた数値は、もちろん、この記事をもっともらしく見せるためにUbuntuのGcalctoolの基本モードで計算した。

今までの1ヶ月半のブログ経験で、最高の訪問者数は約200人。平均すると100人を割り込むぐらいである。これを平均800人にするのはかなり難 しい。
特にテーマがUbuntuやKubuntuである。今はデスクトップを扱っているから、まだユーザも多いだろうが、サーバ関連になれば、さらにユーザも減 る。
結局、どんどん参照者の母集団を減らす方向性を持ったブログなのだ。
「記事が増えれば、間違ったキーワードヒットもあるし参照者も増えるさ。」と、ブログの趣旨もへったくれもない考えも浮かぶが、行き着くところは、「自分のために、備忘録としてつくるブログなんだから」という基本路線。

本日は、午前中は所用があり、駅前でひさびさにフランスパンを購入して、午後1時ごろ帰宅。居間でauひかりで録画したNCIS3を見つつ、パンを ちぎってバターをつけて食べながら、居間の床に置いてあるノートPCでココログに接続し、いつものようにランキングのチェック。

1位で した。
Ranking01

たったの225訪問者ですよ。

絶対に これはバグです!
ココログのランキング集計にはバグがあるはずです!!

そうでなければ、何かの陰謀です。

逃げた方がいいのでしょうか・・・・

2011年6月11日 (土)

タイトルのcssを変更する

タイトルもカスタマイズ

うまくいくと、ついつい調子にのって、いろいろやりたくなります。とはいえ、ちょっと本題からはずれてしまったので、明日からはまたubuntuに戻ることにして、仕上げにタイトルどおりにblogの記事の「タイトル」を自分なりのcssでカスタマイズすることにしました。

ソースを見よう

自分のblogのソースを見てみましょう。Internet Explorerなら、メニューの「表示」から「ソース」です。そこから自分の記事のタイトルを検索すると、タイトルのタグにcssのクラスが書いてあることが分かります。タイトルのクラスはentry-headerですから、この名前の頭にピリオドをつけてクラスを表記して、cssを書けばいいわけです。

ちなみに、私は次のようにしました。(まだ、ちょっと気にいりませんが。)

.entry-header {
 margin: 1.5em 0em;
 border-top: thick double #999999;
 border-bottom: thin solid #999999;
 border-width: thick;
 font-family: "MS P明朝", "細明朝体";
 font-size: x-large;
 font-style: normal;
 font-weight: bold;
 background-color: #FFFFFF;
 width: 680px;
 padding-top: 1em;
 padding-bottom: 1em;
 padding-left: 1em;
}

これをブログの作成画面の「デザイン」タグから「カスタムcss」の最後に付け加えて、反映させれば、記事のタイトルが変わります。今回は、既に[entry-header]クラスは使われているので、タイトルは一斉にスタイルが変更されることになります。だから、少々気にいらなくても、とりあえず作っておいて、後からどんどん変更もできます。まあ、他のcssについても同様ですが。

2011年6月10日 (金)

ubuntu 11.04 firefoxにはcssは全く反映されず

マッチポンプですが、ubuntu11.04のFireFox(4.0.1)で見たら、何も装飾がついておりませんでした。

いやはや、いまだにこういう世界なんですね。前途多難です。

フリーで配布されているcssファイルがどうなっているのか、検証してみたくなりますね。

なんかとても残念な本日でした。

・・・・

あ~、しかし、Windows7のFireFox(4.0.1)には、しっかり反映しています。

Web作成者の方は大変な思いをなさっていることが、良くわかりました。ふ~。

原因はタイプミスと判明

タイプミスを直したら、Win7のIE、FireFox、UbuntuのFireFoxと全て意図したとおりとなりました。 結局は私のタイプミスが原因。反省しきりです。

とりあえずCSSを作ってみました

まずは最初の一歩!

なんでも、とりあえずチャレンジしてみなければ始まらないということで、cssの設定も行ってみました。

手順は次のとおりです。

cssをエディタで作る

参考書を片手に、こんな感じの装飾があるといいなとエディタでcssファイルを作りました。クラスとして作って、多くのタグに使えるようにしました。できあがった内容は次のとおりです。

.kita1 { 
 width: 500px;
 border-color: #cccccc;
 border-style: none none solid solid;
 padding: 5px 0em 0em 1em;
 border-bottom-width: 5px;
 border-left-width: 1.5em;
 }

.kita2 {  
 width: 400px;
 border-color: #cccccc;
 border-style: solid none solid none;
 padding: 5px 0em 0em 1em;
 border-bottom-width: 5px;
 border-left-width: 1em;
 }

.kita3 {
 width: 300px;
padding: 0em 0em 0em 0.5em; border-color: #CCCCCC; border-style: none none dotted solid; border-bottom-width: thin; border-left-width: thick} .kitaq { width: 500px; border-color: #CCCCCC; border-style: dotted; border-width: thin; padding: 0.5em 0em 0.5em 0.5em; } .kitaq2 { width: 500px; border-width: thin; padding: 0.5em 0.5em 0.5em 0.5em; background-color: #CCCCFF; border: #CCCCCC; border-style: none } .kitaqg { width: 500px; border-width: thin; padding: 0.5em 0.5em 0.5em 0.5em; background-color: #CCCCCC; border: #CCCCCC; border-style: none; }

上記の内容を登録する

管理ページの「デザイン」タブから「カスタムCSS」を出して、そこに貼り付けます。

htmlのタグにclass="クラス名"を追加する

例えばh1タグなら

<h1 class="kita2">これはh1にCSSを使ってます</h1>

などと書く。

以下は上の例を実際にh2タグとpタグに使った例です。

h2 kita1

p kita1

h2 kita2

p kita2

h2 kita3

p kita3

h2 kitaq

p kitaq

h2 kitaq2

p kitaq2

h2 kitaqg

p kitaqg

少しずつ、カスタムなcssを増やしていきたいものですね。

ココログの設定されているスタイルシートの確認

blogというものが流行っていると見聞きし、非常に簡単にWebページが作成できるので、多くの方が情報発信に使われているのだろうと推測していた。
5月の半ばから、自分でもblogを作ってみて分かったことだが、blogを作成することの不便さに辟易している。
「何故、Webページ作成ツールで作成した内容を一括アップロードできないのだろうか?」「画像をひとつずつアップロードしなくてはいけないのは何故?」「リンクを貼るのが面倒だ」等々いくらでも不満が出てくる。
こんな不便なものなら、きっと誰かが一括アップロードツールとか、作成してくれているだろうとGoogleで検索をいろいろしてみたが、画像の一括アップロードツールはあるものの、気の利いた感じのツールが見つからない。
これは「ココログ」だけのことなのだろうか?
不便な「ココログ」を作るのに時間をとられて、ツールを作る時間が取れないのかもしれないと悲しくなる。
そうやって、検索に時間を割いていると、予想もしないことが分かるのが常であるが、「ココログ」では外部cssファイルを利用でき、cssファイルの無料ダウンロードサービスを行っているサイトもあると分かった。

「ココログ」の中ではどんなスタイルシートを使っているのかが気になって、htmlのソースを見てみると、
(自分のブログのurl)/blog/styles.css
(自分のブログのurl)/.shared-cocolog/js/multibox/multibox/multibox.css
の二つがあり、
上記のstyles.cssでは、
(自分のブログのurl)/.shared-cocolog/themes/common/base-weblog.css
(自分のブログのurl)/.shared-cocolog/nifty_managed/themes/common/base.css
http://theme.cocolog-nifty.com/themes/vox/neue-haas-grey/screen.css  <・・・(A)
(自分のブログのurl)/.shared-cocolog/nifty_managed/themes/vox/neue-haas- grey/screen.css
の4つのcssファイルをインポートしていることが読み取れた。
とりあえずcssファイルなので、直接urlを指定するとダウンロードも行えた。(A以外)

base-weblog.cssの中で、H1~H6を冒頭で同じスタイルに定義しているようにも見えたので試してみたい。

H1

H2

H3

H4

H5

H6

さて、どうなることやら、結果はアップロードして確認のつもりである。なお、自分で作成した外部cssファイルについては、ブログ作成のページのファイルアップロードで行うとのことらしいが、追って試してみたいと思う。

(以下、アップロード後の追加)

結果を見て、「なんだ、普通じゃないか」と苦笑い。

作成画面で確認すると、H2がアンダーラインがあったりして、なかなかだったが・・・

とりあえず、ブログ名やタイトルや日付で使われているクラスを試してみたが、予想通りの結果が示せない(笑)

やはり、俄か仕込では無理があることが分かったので、この項の展開は後日改めてとしたい。m(__)m

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ