« 2011年6月26日 - 2011年7月2日 | トップページ | 2011年7月10日 - 2011年7月16日 »

2011年7月3日 - 2011年7月9日の記事

2011年7月 9日 (土)

UbuntuからUbuntuへのファイル転送(gFTP)

はじめに

この内容は、2011年6月9日付けの「ubuntu 11.04 xinetdとsshdのインストール(カスタマイズ その3あたり)」と6月13日付け「Kubuntu 11.04 xinetdのインストールとxinetd経由のsshdの起動」にあるように転送先のUbuntu(Kubuntu)にsshdが インストールされて、起動されていることが前提である。

Windows7とUbuntu 11.04のデュアルブートのメインPCの利用は、Ubuntu100%に限りなく近づいている今日この頃。しかし、サブPCのKubuntuの Screenshotは自動的にルータにつけたWindowsの共有ディスクに保存される関係で、相変わらずファイル転送はWindows共有ディスク経由で行っていた。
しかし、Apache2をKubuntuにインストールし、設定を行っているあたりで、テスト用のhtmlファイルや、cgiプログラムをいちいち Windows共有フォルダ経由で行うことに嫌気がさしてきた。
Apache2の設定ファイルはsshで接続したターミナル(端末)で行っているから、もちろんscpやsftpはコマンドラインから使える。 manを見ながら、これらを使うこともできなくはない。
しかし、正直に言って、PCのコンソールでさえ、DOSでVZエディタを常駐させて以来ファイルのコピーだの移動だのをコマンドラインで叩くことはなくなっている。いまさら、やたらと深いディレクトリ階層を引数にして、コピー元とコピー先を指定してコマンドを実行するなど、現実的ではない。まして、 間に日本語のディレクトリ名称まで入っているのである。引数を入力し間違えてエラーメッセージを頻繁に見ることになるのは想像に難くない。

Windowsでは、WinSCPを使っていたのであるから、メインPCのOSをUbuntuに変更しても、GUIで同様の操作ができなければ問題である。そこでgFTPをインストールし利用することにした。
gFTPはFTPという名称がついてはいるが、sshが使えれば、FTPサーバをインストールすることなく、scpの機能を使ってファイル転送ができるとの情報は得ていた。しかし、利用については、今回にいたるまでメインPCはずっとWindows系のOSであったため、なかった。

インストール

Ubuntuソフトウェアセンターで、「gFTP」をキーワードとして検索すれば、すぐにインストールが可能である。

利用方法

メニュー(Dash)では、「インターネット関連ソフトウエア」に分類されている。

起動すると以下のようなウインドウが表示されるので、接続先のIPアドレス(名前解決ができる場合はシステム名、完全修飾ドメイン名も可)、ポート番号、 ユーザ名、パスワード、接続プロトコルを設定する。(図の赤い丸のところを設定する。)
私のLAN内部では標準のポート22番でSSH2接続をしているので、図のようにしている。
設定が終わったら、左上のコンピュータのアイコン(赤い矢印のところ)をクリックすると接続される。

Gftp01

プログラムの操作方法については、2画面タイプのFTPツールやファイラーやWinSCPを使っていた方ならほぼ想像がつく内容であり、説明の必要はない と考える。

2011年7月 8日 (金)

Ubuntu/Kubuntu 11.04 日本語manを使う

LinuxもGUIが一般的になり、「man」といってもピンとこない方も多いのかもしれません。
manページ、あるいはUnixマニュアルと呼ばれているもので、ターミナル(端末)のコマンドラインで、

man コマンド/プログラム名称

とすると、マニュアルが表示されるというのが一般的な使い方でしょうか。

コマンド --helpで示される使い方よりは詳細に書かれているという感じですが、ときには同じものが表示されることもありますね。

「いつまで経ってもリンクがうまく作れない」、「findでの検索方法がさっぱりわからない」などという私は、良く使います。これが日本語か英語かというのは、結構作業にかかる時間に影響します。

Ubuntu 日本語Remix CDからインストールすると、てっきり日本語manがインストールされると思い込んでいて、英語で表示されていても「翻訳されていない部分かな」と思い込んでいました。しかし、基本的なコマンドも英語であることに気づいて、Ubuntuソフトウェアセンターを使いmanpageで検索してみると、各国語のパッケージが出てきますが、manpages-jaという名称がついたパッケージがインストールされていないことがわかりました。
KubuntuのKPackageKitでも同じ状況でした。

そこで日本語manページが利用できるように、Ubuntu/Kubuntuともにmanpages-jaを、インストールいたしました。

Ubuntu/Kubuntu 11.04 DualブートでMS-Windowsのフォントを使う

メインで使っているPCにもUbuntuをインストールして、はや数週間が経ちました。
もうほとんどWindows7は起動しなくなりました。ただ、ハードディスクの7割程度はWindows7の領域です。
Windows7をまったく使わないというわけではありませんし、Ubuntu起動時にホームディレクトリのwin7というマウントポイントにマウントしていますので、従来利用していた文書ファイルなどは、そのまま利用できております。しかし、せっかくある資源ですから、できるだけ有効に利用したいと考えました。

UbuntuはDebianがPotatoやらWoodyのころに比べると、格段にデスクトップも美しく、フォントの改善には素晴らしいものがあると感じ ています。しかし、Seamonkey Composerでブログ用のページを作成しているときなどに、ときどき、「Windowsの方がなめらかかも」のように感じることもあります。

Windows7とUbuntuのDualブートマシンですし、同じハードディスクのパーティションを分けて両OSをインストールしてあるのですから、 Windows7のフォントもUbuntuで利用することにしました。

個々のユーザが追加のフォントを利用するのであれば、ホームディレクトリに.fontsというディレクトリを作成して、そこにフォントをコピーすれば良いとの解説が多数見つかりました。解説しているどこのサイトでも、「著作権上の問題があるかもしれない」とディスクレーマーが載っていました。自己責任で行います。
でも、コピーすると危険性がアップしそうな感じもあるので、ホームディレクトリにシンボリックリンクを貼ってみることにしました。(これなら大丈夫という保証はありません。同じことを行うのは、あくまでも自己責任でお願いいたします。)

windows7のパーティションは/home/kitatanuki/win7にマウントしてあるので、/home/kitatanuki/win7/Windows/Fontsがwindowsフォンとの存在しているフォルダ(ディレクトリ)です。
私は、NautilusをUbuntu Tweakで拡張してあるので、下の図のようにFontsディレクトリを選択して右クリックし、「スクリプト」から「Homeにリンク」をクリックしホー ムディレクトリにFontsという名前のシンボリックリンクを作り、このリンクの名称を「.fonts」に変更しました。

Font01

ターミナル(端末)のコマンドラインからコマンドでリンクをするなら、まずcdで自分のホームディレクトリに移動し

ln -s ./win7/Windows/Fonts ./.fonts (← ./win7/以下の部分は自分の環境に合わせてください。)

で良いと思います。

この後、LibreOffice Writerで次の画像ように、フォントの違いを比べておりました。

Font02

ちなみにサブPCはKubuntuにWindows VistaDualブートですが、まったく同じ考え方でフォントが使えるようになりました。

lnについて、manを使ったのですが、日本語ではありませんでした。大昔に使っていたVineとかDebianでも日本語だったような記憶がありましたので、 少し不思議な感じがします。この件とNautilusの拡張については別途に記事としておきたいと思います。

2011年7月 7日 (木)

Kubuntu 11.04 desktopへのApache2のインストール

そろそろ本ブログの開始の趣旨に則って、Ubuntuによるサーバ稼働のテストを開始したいと考えはじめた。
以前、Vine LinuxやDebian(woody)でサーバを運用していたときは、テストの段階から友人と掲示板で情報交換を行っていた。
DNS、smtp、pop、ftp、http等、結構いろいろテストしていて、それなりに手順がまとまっていた。その後、本番のサーバを作るにあたって、 これを参考にして順次サーバを稼働させた。
幸い、一ユーザのホームディレクトリ(/home/*/public_html)にて開設していたサイトであったので、まるごとバックアップもとってある。
せっかくなので、サブPC(Chikyu)のKubuntuにApacheをインストールして、その掲示板を参照しながら、メインPCでサーバ設定ができるようにしたいと思い、実行した。

目的

Kubuntu 11.04 desktopにApache2をインストールし、以前の掲示板CGIの記事が読めるようにする。

Apache2の設定について

  1. LAN内部での参照であるので、[http://IPアドレス/~ユーザ名/]で指定してWebブラウザで参照できるようにする。
  2. cgiは[http://IPアドレス/~ユーザ名/cgi-bin/test.cgi]のようにして参照できるようにする。
  3. cgiのプログラムはcgiかplを拡張子とする。

大まかな手順

Apache1.*のころとは、設定ファイルの作り方が大きく変化しているようで、非常にとまどった。幸い今回はユーザディレクトリの設定のみであるため、次の手順で行うこととした。

  1. Apache2のインストール
  2. Apache2の稼働確認
  3. 上記「Apache2の設定について」の内容の設定(設定ファイルへの修正)
  4. 設定ファイルを反映させるシンボリックリンクの作成(a2enmodの利用)
  5. 設定のテストによる確認

Apache2のインストールと設定


Apache2のインストール

KubuntuのKPackageKitより、apacheで検索し、apache2とapache2-docをインストールする。
apache2-docはインストール指定しなくても問題ないはずであるが、インストールしておくとWebブラウザでApache2のドキュメントが読めるようになり便利。

Apache2の稼働確認

http://192.168.13.13/ (←LAN内部のPCからWebブラウザ等でIPアドレス指定を直接指定して接続する。

これで、Webブラウザに「It works!」 と表示されればApache2が稼働していると確認できる。

設定ファイルの修正

前節で決めた今回の設定について、二つの設定ファイルを変更する。
設定ファイルは、二つとも/etc/apache2/mods-availableに存在している。
ひとつめは、mime.conf。ふたつめは、userdir.conf。
修正するまえに、両ファイルのバックアップを作成しておく。

mime.confの修正

以下の行を検索して修正する。

#AddHandler cgi-script .cgi → AddHandler cgi-script .cgi .pl

上のように、文頭の[#]を削除し、最後に[ .pl ]を加える。

userdir.confの修正

以下の内容とする。

<IfModule mod_userdir.c>
        UserDir public_html
        UserDir disabled root
         
         <Directory /home/*/public_html>
                AllowOverride none
                Options MultiViews SymLinksIfOwnerMatch
                <Limit GET POST OPTIONS>
                         Order allow,deny
                         Allow from all
                </Limit>
                <LimitExcept GET POST OPTIONS>
                         Order deny,allow
                         Deny from all
                </LimitExcept>
         </Directory>

         <Directory /home/*/public_html/cgi-bin>
                Options +ExecCGI
         </Directory>

</IfModule>

設定ファイルを反映させるシンボリックリンクの作成

/etc/apache2ディレクトリの下に、mods-availableとmods-enabledというディレクトリがあるが、mods- availableにあるmoduleの設定がmods-enabledにシンボリックリンクを作成することでapache2本体に反映される(と推測し た。) 以前のLinuxの起動プロセスで/etc/init.dにあるファイルのシンボリックリンクを/etc/rc*.dディレクトリに置いてランレベルごと にデーモンの起動管理を行っていたのを思い出した。似ている感じである。
手処理でコマンドを叩いても構わないと思うが、設定をするa2enmodと設定をはずすa2dismodというコマンドがあるので、これを利用する。
なお、/etc/apache2/mods-enabledを見てもらうとわかるが、mimeについては、すでに存在しているのでuserdirのみの処理となる。

kitatanuki@chikyu:/etc/apache2/mods-available$ sudo a2enmod
Your choices are: actions alias asis auth_basic auth_digest authn_alias authn_anon authn_dbd authn_dbm authn_default authn_file authnz_ldap authz_dbm authz_default authz_groupfile authz_host authz_owner authz_user autoindex cache cern_meta cgi cgid charset_lite dav dav_fs dav_lock dbd deflate dir disk_cache dump_io env expires ext_filter file_cache filter headers ident imagemap include info ldap log_forensic mem_cache mime mime_magic negotiation proxy proxy_ajp proxy_balancer proxy_connect proxy_ftp proxy_http proxy_scgi reqtimeout rewrite setenvif speling ssl status substitute suexec unique_id userdir usertrack version vhost_alias
Which module(s) do you want to enable (wildcards ok)?
userdir
Enabling module userdir.
Run '/etc/init.d/apache2 restart' to activate new configuration!
kitatanuki@chikyu:/etc/apache2/mods-available$ sudo /etc/init.d/apache2 restart
* Restarting web server apache2                                              

(緑の太字が実際の入力)

設定のテストによる確認

テスト用のhtmlファイルindex.htmlという名称で作成し、/home/kitatanuki/public_html/に保存する。ま たテスト用のcgiファイルをtest.cgiという名称で作成し、/home/kitatanuki/public_html/cgi-bin/に保存する。test.cgiはパーミッションを755として実行可能としておく。

htmlについては、[ http://192.168.13.13/~kitatanuki/]で表示されることを確認。cgiについても[ http://192.168.13.13/~kitatanuki/cgi-bin/test.cgi]で結果が表示されることを確認できた。

補足

設定の狙いとしては、ホームディレクトリの下のpublic_html/cgi-binでしかcgiが動かず、そしてcgiとpl以外の拡張子ではそのディレクトリでもcgiとして認識されないということもあるが、今回はそこまではテストしていない。
apacheは当初、設定ファイルが3つあって、それが煩雑だということでhttpd.confひとつにまとめられるようになったと認識していたので、 apache2の設定の複雑さには、非常に驚いた。
インターネットで設定例を見ても、いろいろなやり方があり、上記の内容にたどりつくのには、かなりの時間を要した。
いわば、モジュールの設定とインストールが組み合わせになっているということなのかもしれないが、なかなか理解しづらい。

2011年7月 3日 (日)

解せぬものにはバグの疑いを抱く!!!

狸寝入りしそうなわたし

狸寝入りの語源は、タヌキが臆病な動物で、驚いた時には倒れて一時的に気を失うことに由来しているとか。
臆病な私は、本日は驚いて卒倒しそうになった。

パソコン通信の掲示板でも、インターネットのホームページでも、そしてブログでも、一般の方がご覧になる場所に、何かの記事を出すというのは、それを書いた本人としては、いろいろと気になるものである。
かつてniftyserveの掲示板には参照数が出ていて、参照されそうもない掲示の参照数が短時間に急増したりすると、古株のウォッチャーがログを提示して「なんかやってるね」などと揶揄したものでもあった。
ホームページを作成し始めたころには、レンタルサーバなどでサーバのログを提供してくれるサービスが無料でついていたりして、エクセルなどに入れて、眺めて喜んでいた記憶もある。

ココログを始めて、ログインすると「アクセス解析」の文字が目にはいる。もちろん、気になり覗いてしまうのは、人の常だろう。頻繁に眺めて、「お~ 今日はすごく人が来てるなぁ」とワクワクして、「ページ別アクセス数」を見て、不本意なページに人が集中していると、ちょっと「むっ」としたり、「この ページや検索ワードでいらしているなら、もう少しその部分を充実しないと申し訳ないな」という気持ちになって、ついついブログの趣旨と外れる記事を認めたりと、私は結構影響される。
「自分の『備忘録』として作っているのに参照者に迎合するのはおかしいだろう」と軌道修正をするが、「記事数50でランキング平均5000位ぐらいなら、 記事100にしたら平均3500位ぐらいになるかもしれない」と勝手なことを考えて、自分に対するインセンティブとしていることも確かである。
「自分のために作ったものが他の人にも役立つならそれにこしたことはない」という建前だけでは、なかなか作業は進まない。

そこでふと気になった。ランキングというのは「相対的」なものである。たとえば「ココログ」に100万人のユーザがいて、そこで5000位だった ら、これなかなか凄そうであるが、6000人で5000位だったら、ちょっとがっかりである。

そこで、ネットの中をうろつき調べてみると、どうやら「ココログ」には11000~12000ぐらいのアクティブユーザがいるということが分かっ た。

真剣に考えたわけではないが、その人数が分かったときに、次のようなことを考えたと思う。

「パレートの法則からすると、上位2割が8割の参照数をとると考えられる。残りの2割の参照数の8割も、8割の上位2割がとるだろう。上位36%で 96%ぐらいか。そうすると残り4%の8割の3.2%ぐらいを64%の2割、12.8%の人数で分け合う感じかな。単純化すると3%を10%の人、つまり 約1000人で分け合うのだ。それが今の自分の数値に近いだろう」つまり、100人のユニーク訪問が一人分に相当するわけで、100人×1000が3%に 相当する。そうすると全部のユニーク訪問は概ね300万人程度。240万ユニーク訪問を上位20%の2000人で単純平均すると、
「上位2割に入るためには、平均で1200ユニーク訪問。もちろん、ここでも上位の方はずっと多く訪問されるだろうから、800ぐらいでも十分かもしれな い。」と。
ポドケインみたいに計算尺を持って入れば数値を確認したかもしれないけれど(計算尺の使い方はとっくに忘れたけれど)、LibreOfficeで統計処理 をするという記事はまだ先の予定だったので、とにかく、こんなようなことを考えたわけだ。ここにあげた数値は、もちろん、この記事をもっともらしく見せるためにUbuntuのGcalctoolの基本モードで計算した。

今までの1ヶ月半のブログ経験で、最高の訪問者数は約200人。平均すると100人を割り込むぐらいである。これを平均800人にするのはかなり難 しい。
特にテーマがUbuntuやKubuntuである。今はデスクトップを扱っているから、まだユーザも多いだろうが、サーバ関連になれば、さらにユーザも減 る。
結局、どんどん参照者の母集団を減らす方向性を持ったブログなのだ。
「記事が増えれば、間違ったキーワードヒットもあるし参照者も増えるさ。」と、ブログの趣旨もへったくれもない考えも浮かぶが、行き着くところは、「自分のために、備忘録としてつくるブログなんだから」という基本路線。

本日は、午前中は所用があり、駅前でひさびさにフランスパンを購入して、午後1時ごろ帰宅。居間でauひかりで録画したNCIS3を見つつ、パンを ちぎってバターをつけて食べながら、居間の床に置いてあるノートPCでココログに接続し、いつものようにランキングのチェック。

1位で した。
Ranking01

たったの225訪問者ですよ。

絶対に これはバグです!
ココログのランキング集計にはバグがあるはずです!!

そうでなければ、何かの陰謀です。

逃げた方がいいのでしょうか・・・・

« 2011年6月26日 - 2011年7月2日 | トップページ | 2011年7月10日 - 2011年7月16日 »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ