« Ubuntu 11.04 Evolutionの設定変更 | トップページ | Ubuntu 11.04 sylpheedで@niftyのメールを使う »

2011年7月 1日 (金)

Kubuntu 11.04 Kmailに@niftyのメールアドレスを設定

Kmailに@niftyのメールアドレスを設定する

Kubuntuの標準メーラーはKDEのKmail。Kmailにも@niftyのメールアドレスを設定してみました。
当初はメニューの「設定」から設定を行っていたのですが、設定完了後にメニューの「ツール」の中に「アカウント設定ウィザード」という項目を見つけ、メー ルアドレスを一度削除して試してみたところ、大変簡単に設定できました。
さすがはKDEという感じでしたので、この「アカウント設定ウィザード」を利用した設定方法を説明します。

Kmailは、Kubuntuのメニューの「アプリケーション」ー「インターネット」の中に「メールクライアント」という名称で登録されています。
起動して、Kmailの中の「ツール」メニューをクリックし、ドロップダウンメニューの中から「アカウント設定ウィザード」をクリックします。

Kmail00

「アカウント設定ウィザード」ウインドウが開きますので、「新しい個人情報を作成する」にチェックを入れて、「次へ」ボタンをクリックします。

Kmail01

「アカウントの種類」ウインドウが開きますので、「POP3」を選択して「次へ」ボタンをクリックします。

Kmail02

「アカウント情報」ウインドウが開きます。
「実名」「メールアドレス」「組織」を入力します。そして「次へ」ボタンをクリックします。

Kmail02_5

「ログイン情報」ウインドウが開きますので、

「ログイン名」に、 @niftyの「ログインID」を入力し、
パスワードを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

Kmail03

「サーバ情報ウインドウ」が開きますので、
「受信サーバ」に「pop.nifty.com」、
「送信サーバ」に「smtp.nifty.com」
と入力します。
ローカル配信を使う」については、今この設定を行おうとしている方はチェックをつける必要がない場合がほとんどのはずです。
もしかしたら、@niftyの社員の方はチェックをつけるのかもしれません。
これで「完了」ボタンをクリックすれば、設定は終了です。

Kmail04

 

「完了」ボタンをクリックすると、Kmailが@niftyのサーバをチェックして、認証方法や暗号化などを適切に設定し、メールの送受信が可能となりま す。

so-netの設定

so-netについても試してみましたが、こちらも簡単に接続が可能でした。
so-netについては

「アカウントの種類」   =>「POP3」
「ログイン名」     =>「so-netのメールアドレス」
「受信サーバ」   =>「pop.so-net.ne.jp」
「送信サーバ」           =>「mail.so-net.ne.jp」

で設定ができました。

« Ubuntu 11.04 Evolutionの設定変更 | トップページ | Ubuntu 11.04 sylpheedで@niftyのメールを使う »

Kubuntu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575454/52093710

この記事へのトラックバック一覧です: Kubuntu 11.04 Kmailに@niftyのメールアドレスを設定:

« Ubuntu 11.04 Evolutionの設定変更 | トップページ | Ubuntu 11.04 sylpheedで@niftyのメールを使う »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ