« Ubuntu/Kubuntu 11.04 ユーザの追加と権限の変更 | トップページ | VirtualBox 4.0.10 リリース »

2011年6月29日 (水)

VirtualBox on Windows7のインストールと、VirtualBoxへのUbuntu11.04のインストール

mainpcでもUbuntuが動かしたくなった。パーティションを変更してUbuntuをインストールするか、それともVirtualBoxで動かすか。

Googleで色々と調べているうちにunityがVirtualBoxで動くという情報を見つけた。動きは軽快に違いないと確信した。virtualPCのxpmodeをたまに使っており、これが結構さくさく動くので、とりあえずはお手軽なVirtualBoxで試してみることにした。もともと有償のVirtualPC2004を使っていたこともあり、Windows7もXPが無償で提供されるということでProfessionalを購入しており、VirtualPCを使うことも考えたが、とにかくネットでの評判が悪いので、これは避けることにした。

VirtualBoxのインストール

VirtualBoxのサイトからWindows用のVirtualBoxをダウンロード

Virtuabdl

VirtualBox-4.0.8-71778-Win.exeのダウンロードを終了し、インストールを開始。(昨日バージョンアップの連絡が届いた。現在のバージョンはVirtualBox-4.0.10-72479-Win.exe)以下の画面では当然「Next」ボタンをクリック。

Vbinst01

他のインストール事例を見ると、ほとんどの方が何も変更せずに「Next」をクリックされておりました。
私も、何が書かれているのだろうと、参照した程度です。そのまま「Next]ボタンをクリック。

Vbinst02


デスクトップにショートカットアイコンを作るか、クイックラウンチバーにショートカットを作るかの選択です。

両方にチェックを入れましたが、クイックラウンチバーにはショートカットはできず。スタートメニューにはショートカットが登録されている。

Vbinst03

ネットワークをインストールするので、ネットワークがリセットされ、一時的に繋がるなくなるとのお知らせ。

ネットワークの切断が問題のあるときは「No」ボタンで中止に。それ以外は「Yes」でインストール続行。

Vbinst04_2


インストール準備完了。インストールを進めてよければ「Install」ボタンをクリック。

Vbinst05


USBのインストールなので、ここは「インストール」ボタンをクリック。

Vbinst06


ネットワークサービスなので、ここも「インストール」をクリック。

Vbinst07


NICのことだと考えて「インストール」をクリックしました。これもインストールしないとインターネットが使えない感じです。

Vbinst08_3

VirtualBoxのインストールが終わり、仮想マシンの作成へと移る。

Vbinst10

仮想マシンの作成

VirtualBoxマネージャーを起動し、「新規」ボタンをクリックする。

Vbinst11_3


案内に従い「次へ」ボタンをクリック。

Vbinst12_2


仮想マシン名とOSのタイプを指定する。

仮想マシン名称はPCkaseiにインストールするので「MarsUbuntu」、オペレーティングシステムは「Linux」、バージョンは「Ubuntu」を選んだ。

Vbinst13


paeのカーネルがインストールされると考え、8GBのメモリを割り当てた。PC本体には16GB積んでいる。

Vbinst14


「新規ハードディスクの作成」を選んだ。「既存のハードディスクを使用」の意味が良く分からず。取りあえず新規で問題は無かった。

Vbinst15


ここは何も考えずに「次へ」をクリック。

Vbinst16

パーティションを切り分けてUbuntuをインストールすることも考えていたので、なるべくハードディスクの容量を残したく、可変サイズを選択。

Vbinst17


ディスクは40GBを考えていたが、スライダーを動かすと38.54GBとなった。このときは使えるHDDは250GB程度しかなかった。
ダイアログボックス上には2.00TBとか出ているが、スケールが不思議な感じである。

Vbinst18


仮想ハードディスクの設定が終わり、「完了」ボタンをクリックで仮想ハードディスクが作成される。

Vbinst19


仮想マシンの内容が表示される。「完了」ボタンで、仮想マシンが作成される。

Vbinst20


VirtualBoxマネージャーにMarsUbuntuが出来ている。

Vbinst21


VirtualBoxマネージャーで「設定」ボタンをクリックし、設定ウインドウを出して、仮想マシンの設定を行う。

Vbinst22


「システム」の「マザーボード」タブでは起動順序についてフロッピーをはずし、それ以外は変更せず。チップセットも二つを調べたが、違いが良くわからず、デフォルトのままとした。

Vbinst23


「システム」の「プロセッサ」タブではシステムでメモリを8GBにしたので、paeを有効にした。

Vbinst23_5

ディスプレイは128MBメモリとし 「3Dアクセラレーションを有効化」にチェック。2DビデオのアクセラレーションはゲストOSがWindowsのときのみのようであった。リモートディスプレイは設定せず。

Vbinst23_7


「ストレージ」タブでは、CD/DVDドライブを「IDE セカンダリ マスタ」と設定し、あらかじめダウンロードして用意しておいたUbuntu日本語RemixのCDイメージファイルをファイル一覧より選択した。当初日経Linux7月号のDVDのUbuntu日本語Remixを使おうとしたが、CDイメージでなく使えず。

Vbinst24


ネットワークでは、「ネットワークアダプタ」を有効化し、とりあえず割り当ては「NAT]とし、アダプタタイプはInterl Pro/1000を選んでみた。

MACアドレスは自動的に挿入される。

Vbinst25

以上で設定を終え、VirtualBoxマネージャー画面にて緑の→の形のアイコンの「起動」をクリック。

キーボードのキャプチャのダイアログボックスがでる。ホストキーの設定について確認する。

Vbinst26

マウス統合の情報ウインドウが開くので目を通しておく。

Vbinst27

Ubuntuのインストール

CDからの起動が始まり、UbuntuのインストールCDの画面が表示される。ここからは普通のUbuntuのインストールと同じ。

Vbinst28


まさか、既存のハードディスクを初期化することは無いだろうとは思ったが、念のため「それ以外」を選んでみた。

Vbinst29


VirtualBoxで割り当てられたHDDしか認識していないので一安心。全部使ってインストールする。

Vbinst30


スワップが無いと怒られたような記憶もあるが、さだかではない。8GBの実メモリだから、まあいいかと・・・

Vbinst31


そしてインストール完了。(途中は省略。)

再起動を即されて、CDイメージを削除して起動。ログイン画面が無事表示される。

Vbinst32


しかし、ログインするとUnityの要求するハードはもっていないからUbuntu Classicを選べといわれる。ついでに、1920x1080ディスプレイなのに1280x1024表示です。

Vbinst33

Guest Additionsのインストール

VirtualBoxのメニューバーの「デバイス」をクリックする。表示されるメニューの一番下の「Guest Additionsのインストール」を選ぶ。

Vbinst34


自動起動のミニCDイメージのファイルとのこと。「OK」ボタンをクリック。

Vbinst35


下のウインドウが出るので「実行する」ボタンをクリック。

Vbinst36

管理者権限を求められる。自分のパスワードを入力。

Vbinst37


ターミナルが表示されて、インストールが実施される。「Press Return to close this window」と最後に表示されたら、「Return」キーを押す。

Vbinst38

一度再起動する。

Vbinst39


そしてログインするとUnityが動くようになる。

Vbinst40


メニューバーの「仮想マシン」メニューからフルスクリーン表示にすると1920x1080での表示も行え、またウインドウの拡大縮小にも画面サイズが追従するようになる。

« Ubuntu/Kubuntu 11.04 ユーザの追加と権限の変更 | トップページ | VirtualBox 4.0.10 リリース »

Ubuntu」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575454/52074856

この記事へのトラックバック一覧です: VirtualBox on Windows7のインストールと、VirtualBoxへのUbuntu11.04のインストール:

» VirtualBox 4.0.10 リリース [豆腐と蒟蒻]
VirtualBox 4.0.10が2011年6月27日にリリースされました。一 [続きを読む]

« Ubuntu/Kubuntu 11.04 ユーザの追加と権限の変更 | トップページ | VirtualBox 4.0.10 リリース »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ