« Ubuntu Kubuntu 11.04 アンチウイルス 週間の自動実行の追加 | トップページ | Kubuntu 11.04 FireFoxで日本語入力をできるようにする »

2011年6月24日 (金)

Ubuntu 11.04 TweakのインストールとclamavのPPAを利用したバージョンアップ

はじめに - clamavの最新版導入の前段階として

ウイルススキャナ(ClamTk )をインストールして、 最初のウィンドウに「このアンチウィルスエンジンの期限が切れています」と表示されるのが少々気になり、色々調べておりました。
crontabの内容から、ClamTkの「新しいバージョンが入手可能です」の表示のほうは、「ClamTkは所詮clamscanを使ってウイルス対策を行っているわけだから、新しいバージョンでなくてもいいな」と気にかけてはおりませんでした。
インターネットで「***(パッケージ名称)のパッケージのclamavは最新版ではないので」という書き出しで「sorceforgeからtarballをダウンロードし」というのは、以前からよくあるパターン。でも「Ubuntuでは最新版はPPAでインストールできるので」という記述は、以前には見たことがないパターンでした。それでPPAについて調べてみると、Launchpadhttps://launchpad.net/)というサイトの「オフィシャルなパッケージにはない最新版のソフトウエアやパッチをあてたソフトウエアや個人作成のソフトウエアなどの非公式なパッケージをインストールするためのリポジトリを提供してくれる仕組みである」ことが分かりました。PPAとはPesonal Package Archiveの略とのこと。(http://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0046)Ubuntuを使っている方には当たり前のことなのでしょうが、2011年3月からLinuxについてリハビリを開始し、そこからUbuntuを使い始めた身としては、「凄いなあ。こんなサイトもあるのか」と感心しきりです。でもPPAのリポジトリの登録のところが、少々面倒くさそうなので、さらに調べていると、GUIで簡単に登録ができるツールというのが、やはり存在しています。ますます「凄いなぁ」と感動してしまいます。(正直、メインのPCにもUbuntuをインストールする準備を始めています。ミニタワーなので、HDDを増設すると熱暴走しそうなのが気がかりです。)
まずは、そのPPAのリポジトリも簡単に登録できる、そして、どうやらいろいろできるという評判のUbuntu Tweakをインストールしてから、clamavの最新版をインストールすることにしました。

Ubuntu Tweak

Ubuntu Tweak(http://ubuntu-tweak.com/で入手可能です。簡単な説明はWebサイトの最初に書いてあります。「Ubuntu Tweakは誰でも簡単にUbuntuを設定できるように作られたアプリケーションだ。Ubuntu Tweakはデフォルトのデスクトップ環境が用意していない多くの有用なデスクトップのオプションやシステムのオプションを提供する。Ubuntu Tweakによって、Ubuntuを楽しく使えるだろう。」これはなんか楽しみです。

Ubuntu Tweakのホームページで「すぐにダウンロード」をクリック。

Tweak01

FireFoxを利用しているのであれば「Ubuntu-tweak_0.5.14-1~natty1_all.debを開く」のウィンドウが開いたら、「ファイルを保存する」を選択して「OK」。

Tweak02

FireFoxのダウロードマネージャで、ダウンロードがおわったら、そのubuntu-twadk0_5.14-1~natty1_all.debをダブルクリック。
あるいはダウンロードしたファイルを、ファイルマネージャでダブルクリックしてもよいはずです。

Tweak03

するとUbuntuソフトウェアセンターが起動するので「インストール」をクリックします。

Tweak04

認証のためのパスワードを入れて「認証する」をクリックしてインストールします。

Tweak05


インストールにかかる時間は・・・・・・ なかなか終わりません。嫌な予感がしました。
ハングアップしたかなとどきどきもしましたが、「処理中です」が表示されていたので、リセットしたいのをひたすら我慢。我慢しているのもつらいので食事を作りに席をはずしました。7分ほどたったところで諦めました。3回ほど、こんなことを繰り返して、ますます嫌な気分になりながら、一度リブートをしてみます。

リブートしたら1分程度でインストール完了。まあ、これが普通でしょうね。

Ubuntu Tweak

サイドバーのアプリケーションからDashを出し、「システム」の中に緑色のアイコンでUbuntu Tweakがありました。さっそく起動します。

Tweak06

さて、Tweakが起動して、画面を眺めていても、PPAを利用するための操作が良く分からなくて立ち止まります。上部のタスクバーにカーソルを合わせてもメニューも出ませんし、ウィンドウにヘルプもない感じです。

Tweak07

Webブラウザを起動して、Tweakのホームページに戻り、眺めてみると「情報」というリンクがあるのに気づき、早速クリックしてみます。「Features of Ubuntu Tweak」の項に「Quick install popular application」とか「A lot of third-party sources to keep applications up-to-date」の二つがあったので、見てみようとクリックしてみますが、リンクがありませんでした。つまり、これは単にUbuntu Tweakの「特徴」を列挙しただけのことでした。

しばし気絶した後に、Googleで「Ubuntu Tweak ppa」をキーワードにして検索。これだとUbuntu TweakのPPAが見つかるだけだと気づき、さらに色々検索したのですが、よくわかりません。
左サイドにメニューがありPPA関係は大項目の中のアプリケーションの中にありそうだとは分かります。「ソースセンター」が「公式リポジトリでは入手できないアプリケーションを追加することができます」と説明しているので、ここだろうとは感じます。

Tweak08

しかし、すでに存在しているアプリケーションの中にはclamavはありませんので、clamavのリポジトリを登録すべきだと思いますが、その方法が分かりません。期待していたのは、ここでclamavと検索欄に記入すると、launchpadのclamav関連のリポジトリがずらっと出てきて、ついでに登録の推奨マークがついているという感じだったのですが、どうやら、その期待には応えてくれないようでした。

PPAの登録

とりあえずPPAのリポジトリの設定の仕方を調べます。いくつか流儀があるようです。まあ、Linuxの場合は「やり方はひとつじゃない」というのが当然なので、そこから簡単そうなものを探します。ふたつの簡単な方法がみつかりました。

ひとつはlaunchpadのヘルプに書いてある方法で、ターミナルから、

sudo add-apt-repository ppa:user/ppa-name (←ここでppa:user/ppa-nameを実際のppa:ubuntu-clamav/ppaとする。)

という形で入力するというものです。Clamav Update TeamのPPAであれば、ppa:ubuntu-clamav/ppaとなります。

もうひとつが、Synaptic パッケージマネージャーのメニューを使う方法。
なぜか、これにはメニューバーがWindowの中にありますが、「設定」から「リポジトリ」を選び、

Tweak09

「他のソフトウェア」タブから「追加」ボタンをクリックして

Tweak10

以下の「software-properties-gtk」というダイアログボックスに上と同じppa:user/ppa-nameを記入して「ソースを追加」ボタンをクリックする方法です。

Tweak11

今回は、後者の方が入力量がすくないので、後者で行いました。上記のダイアログボックスでppa:ubuntu-clamav/ppaと入力し、Synaptic パッケージマネージャーで「再読込」をクリックします。次の「エラーが発生しました。」のダイアログが表示されますが、ppaが公開鍵を利用していないためであり、特に問題が無いのでこのまま「閉じる」をクリックし、続行します。

Tweak12

Synapticパッケージマネージャよりclamavを選択して右クリックして「アップグレード指定」を選択すると、「注意」のダイアログがでます。これも先ほどのエラーと同様の原因と気にせず「マーク」をクリックして、Synapticパッケージマネージャーに戻ったら、「適用」をクリックしてアップグレードを実行します。

Tweak13

そして、結果を見るために、ClamTkウィルススキャナの画面を出してみると、アンチウィルスエンジンは0.97.1の最新版に変更されており、緑色のチェックマークへと変更されておりました。

Tweak14

ClamTkのバージョンアップ

ここまでくるとせっかくだからということで、ClamTkの「GUIバージョン」も赤マークをはずしたくなるのが人情です。

こちらは、やはりホームページから最新版のDebパッケージをダウンロードして、インストールすればよいとのことなので、早速ClamTkのサイトhttp://clamtk.sourceforge.net/)に行って、Downloadsページから、「Files」-「ClamTk」-「4.33」とくだり、clamtk4.33-1_all.debファイルを選択してダウンロードします。

ダウンロードが終了したら、ファイルマネージャなどでclamtk_4.33-1_all.debをダブルクリック。Ubuntuソフトウェアセンターが起動しますので、ウィルススキャナのページが表示されたところで「アップグレード」ボタンをクリックします。パスワード認証をしてアップグレードが開始されます。

Tweak15

私のPCでは、これもすんなりとはアップグレードできず、一度リブートする必要がありました。単体のアプリケーションでは5分程度待ってインストールやアップグレードが終わらないときは、私のPCではリブートしたほうが無難かなと考え始めました。リブート後はすんなりとアップデート完了です。

clamTkを起動して確認してみると、すべてグリーンのマークになっておりました。

Tweak16

さらに続く・・・

実は記録を取り損ねたので定かではありませんが、とりあえず自分の備忘として書き記しております。

ウイルススキャナを最新版にした後に、アップデート・マネージャが利用できるアップデートとして、clamavとclamtkを報告してきたので、インストールしようとすると、認証されていないのでインストールが進まないという状況になりました。
もしかしたら、このときにUbuntu Tweakは使えるのかもしれないと思い、Ubuntu Tweakを使うと、やはりアップデートのメッセージがあり、すんなりアップデートできたように見えました。その後アップデート・マネージャに戻っても、アップデート可能のソフトウエアは報告されませんでした。
正直言うと、GUIのツールの「何が起こっているか良くわからない」ところは、好きではないのですが、とりあえず、今回はclamTkの警告を消すという目標は達成できたので良しとすることにいたしました。

Ubuntu Tweakについては、期待していた部分は残念な結果でしたが、色々な設定が簡単に行えるという評判なので、今後試してみたいと考えています。

« Ubuntu Kubuntu 11.04 アンチウイルス 週間の自動実行の追加 | トップページ | Kubuntu 11.04 FireFoxで日本語入力をできるようにする »

ClamTk」カテゴリの記事

PPA」カテゴリの記事

Ubuntu」カテゴリの記事

コメント

参考になりました

コメントありがとうございます。励みになります。Clamavがらみは、まだ解明できていないことがあるので、申し訳ない感じです。また調べて掲示します。

お世話になります。
今日、ubuntu11.10にclamtkを入れました。
アンチウイルスエンジン欄は最初から緑のチェックになっていました。
GUIバージョン欄は記事を参考に最新版に更新できました。
参考になりました。ありがとうございます。

お役にたてて幸いです。
私も11.10にバージョンアップしましたが、マウスを変更したため、毎回固まる有様です。
マウスをその都度元に戻して対応していますが、クリーンインストールの手間を惜しんでいるのと、ブログのデータベースとしての利用の限界に嫌気がさして、ブログの方向性を変更しようと思案しているうちに、ブログの更新がおろそかになっております。
しばらくは、このまま残しておく予定なので、他にも参考にしていただけるところがあれば、うれしい限りです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575454/52031144

この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntu 11.04 TweakのインストールとclamavのPPAを利用したバージョンアップ:

« Ubuntu Kubuntu 11.04 アンチウイルス 週間の自動実行の追加 | トップページ | Kubuntu 11.04 FireFoxで日本語入力をできるようにする »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ