« MS-Windowsを捨てて、Ubuntu/Kubuntuのみで暮らす日 | トップページ | Kubuntu 11.04 NTFSの起動時自動マウント(GUI) »

2011年6月17日 (金)

Ubuntu 11.04 スクリーンセーバーの不具合とその対処

Ubuntu 11.04をインストールしてあるPC(suisei)が、マトリックス風の緑の文字が上から下に流れるスクリーンセーバの画面で固まった。
  このPC(suisei)では初めてであるが、以前PC(chikyu)でもスクリーンセーバで固まっており、これは既知の問題なのかもしれないとGoogleで検索してみた。

とあるフリープログラマの生態」(http://www.okalabo.office-on-the.net/okalog/34-dialy/148-ubuntu-1104)にもスクリーンセーバでフリーズの事例が載っており、海外でも私の場合とは少し違うが、二つほどスクリーンセーバの不具合報告をみつけた。
  スクリーンセーバからの復帰後にフォーカスを戻せない事象(https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/gnome-screensaver/+bug/762058)とフリーズしてしまう事象(   https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/gnome-screensaver/+bug/778953/+activity)である。

先の「とあるフリープログラマの生態」に以下の記述があったので、引用。(孫引きです。失礼。「2について」の「2」とは「スクリーンセーバでフリーズする」という事象です。)

2についてはこれといった情報が見つからなかったのだが、以下の記事を見ると、「11.04にアップグレードして設定すべきこと」として、
「アイドル状態になったら画面をスリープする」
「アイドル状態になったらスクリーンセーバーを起動する」
を、無効にすることを推奨している。
Ubuntu 11.04 のインストールとインストール後のシステム設定でUnityの基本的な使い方をマスターする

理由が書いていないのでなんだか腑に落ちないのだが、スクリーンセーバーは別に起動しなくともよいので、しばらくは記事のとおり設定してこのまま様子を見ることにした。

ということで、「Ubuntu 11.04 のインストールとインストール後のシステム設定でUnityの基本的な使い方をマスターする」に従い電源管理の設定とGNOMEスクリーンセーバの設定を変更した。

なお、私のPCの現象では、確かにスクリーンセーバーの画面ではキーもマウスも受け付けなくなるが、ALT+SHIFT+F1~F6によるコンソールへの切り替えは可能であり、そこからログインしてrebootをかけた。
  なお、gnomescreensaverのプロセスを別コンソールからkillしてみたが、ALT+SHIFT+F7でUnity画面を出しても変化はなかった。

前回のフリーズのときは、SSHやVNCを試しているときだったので、SSHで繋げてrebootしたが、今回は同一PCの別コンソールを用いた。

なお、電源管理とスクリーンセーバの設定ついては、繰り返しとなるので、リンク先を参照願いたい。

« MS-Windowsを捨てて、Ubuntu/Kubuntuのみで暮らす日 | トップページ | Kubuntu 11.04 NTFSの起動時自動マウント(GUI) »

Ubuntu」カテゴリの記事

システム設定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575454/51971309

この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntu 11.04 スクリーンセーバーの不具合とその対処:

« MS-Windowsを捨てて、Ubuntu/Kubuntuのみで暮らす日 | トップページ | Kubuntu 11.04 NTFSの起動時自動マウント(GUI) »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ