« Ubuntu desktop 11.04のインストール(メモ) | トップページ | ubuntu 11.04Desktopはsmbclientはインストール済 »

2011年6月 7日 (火)

ubuntu 11.04インストール後のちょっとしたカスタマイズ

キタタヌキ風ubuntu11.04のカスタマイズ

(備忘録として)

インストール後の確認

折角メモリの話をまとめたのに、インストール後にチェックしていませんでした。
予想どおりならば、pae版のカーネルがインストールされて、約8GBのメモリーが認識されているはずです。
Unity画面(11.04インストール後の左にサイドバーが出る画面)では、一番上のタスクバーの左端のubuntuマークをクリックして、え~~、まあ、適当に操作して(説明が難しいのです)、システムモニタを起動します。そしてシステムのタブをクリックしてください。以下の図のようにカーネルにpaeがついていればOKです。(メモリも7.9GBだし・・・)

Sysmoni_2 

続いてアップデート・マネージャーを横にあるサイドバーか、サイドバーに無ければシステムモニタと同様にして探し出して起動。システムを最新の状態にします。(画像のタイトルバーの色が違うのは見なかったことにしましょう。)

Updatem

我が家のLANにはルータにWindowsで共有となるUSBメモリ(4GB)を挿してありますので、まずはこれを認識できるようにしておくのが便利です。Sambaをインストールする必要があると思っていました。(今までは先にSambaをインストールしていました。)でも、なんか予感がして、Sambaをインストールせずに設定してみると、認識できてしまいました。凄い!

方法は次のとおりです。

サイドバーの一番上にある「ホームフォルダ」をクリックしてubuntu(Linux)版エクスプローラーみたいなもの(Nautilus)を起動します。Nautilusにフォーカスを当てたままカーソルを画面一番上のタスクバーに持っていくと、いわばNautilusのメニューバーが表示されます。そこで「ファイル」から「サーバへの接続」をクリックします。すると以下のような「サーバへの接続ダイアログ」が表示されます。

Windowsharefolder_2

「サービスの種類」は「Windows共有」を選択し、「サーバ名」をいれ、「共有する場所」にはWindowsの共有フォルダ名をいれ、「ユーザ名」にはWindowsにログインできるユーザ名を入れ、ドメイン名にはWindowsのワークグループ名をいれます。次回から自動的にNautilusの場所に表示したければ「ブックマークを追加する」にチェックを入れて、表示用の名称を「ブックマーク名」に記述します。これで「接続する」ボタンをクリックすればできあがりです。

「最初からsambaが動いているの?」と思い、コンソールでps -A | grep smbとかしてみたけど、何も出てこないし・・・もしかして、以前からNautilusではこれができていたのかなぁ。そういえば、「Nautilusで接続し」というような記述をときどき見かけたような記憶があるけど・・・まあ、とりあえず繋がるってことが大事なことです!試しに、ubuntuのsambaサーバにも接続できました。お~便利だ。

続いて、画像で順番が違うのがばればれですが、このあたりで私は外観をカスタマイズします。基本的にはここまでの画像を見てお分かりのとおり、右上に最小化・最大化・終了ボタンが並ぶのが好みです。何回かインストールして、外観を好みに合わせてみて気づいたのですが、外観を設定するときに、画面の上部のタスクバーが「白地に黒字」という見やすい状態になるテーマを選ぶのが、コツのようです。色については、テーマを選んだあとで、カスタマイズする。色の好みでテーマを選ぶと、タスクバーが「黒地に黒字」という悲惨な結果になることが多々あります。
「外観の設定」は、上部のタスクバーの一番右のマークをクリックし、ドロップダウンメニューの一番下にある「システムの設定」から「ユーザ向け」の中の「外観の設定」を選びます。
ちなみに私のお勧めテーマは
クリアールックスです。これをカスタマイズして使っています

Gaikan_2

インストール時点で、折角nvidiaの特別なドライバを入れたのですから、嫌いなUnityにだけ使うのは不愉快です。エフェクトも設定しましょう。もちろんお勧めは「揺れるウィンドウ」です。
10.10のときは簡単にエフェクトの設定ができたのですが、11.04になってからは、いつも迷ってGoogleで検索しています。そして、その都度お世話になるのがサイト「しっくり生活」 http://www.k5.dion.ne.jp/~r- f/sicklylife/memo/ubuntu1104/setting_and_install.html
です。いつもありがとうございます。インストール後の設定は、ありがたく拝見させていただいております。
Compizというのをインストールして、そこの「エフェクト」で設定するわけですね。
このサイトを熟読して、いろいろ設定するととてもためになります。m(__)m
私はaptは使わずGUIでインストールしました。
余談ですが、Synapticパッケージマネージャーとかアップデート・マネージャーとかディスク・ユーティリティとかシステムモニタとかターミナルだとか、良く使うツールやアプリはサイドバーにドラッグ&ドロップすると登録できるので便利です。「しっくり生活」のcompizの項目の中で知りましたが、アイコンを小さくできます。画面からはみ出るほど登録すると、スクロールするので、またびっくり。結構、便利だな、Unity。(サイドバーは嫌いだけど)

Sidebar

さて、aptを使わない(CUIでない)GUIでの「CompizConfig設定マネージャ」のインストールは、Synapticパッケージマネージャを起動して、compizconfigなどで検索して、「compizconfig-settings-manager」を選択して「適用」をクリックすればOKです。

Compiz_2

インストール後に、画面左上のubuntuマークをクリックして、メニューを出し、「テーマ・設定」から「CompizConfig設定マネージャ」を起動してください。(ここは言葉で説明するのが難しいです。きっと、「そんなの出てないぞ」という気分になるでしょうが、適当にクリックしてみて、いろいろメニューを探して歩いてね。)

「CompizConfig設定マネージャ」が表示されたら、「エフェクト」の「揺れるウィンドウ」にチェックすれば完了です。ビデオカードがnvidiaの方は(AMDの方も)是非試してください。

Efe

「しっくり生活」ではエフェクトがwaveとなっているのは、私がインストールしたのが日本語Remixで、エフェクト名称も翻訳されているからではないかと推測しております。
実は頑張って「揺れている」のをキャプチャしてみました。できた画像を見て、「なるほど」とうなづいている私でした。この画像からエフェクトの雰囲気を分かってくれる寛容な人間に私はなりたい・・・?

Wavewindow_2

« Ubuntu desktop 11.04のインストール(メモ) | トップページ | ubuntu 11.04Desktopはsmbclientはインストール済 »

Ubuntu」カテゴリの記事

システム設定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575454/51884082

この記事へのトラックバック一覧です: ubuntu 11.04インストール後のちょっとしたカスタマイズ:

« Ubuntu desktop 11.04のインストール(メモ) | トップページ | ubuntu 11.04Desktopはsmbclientはインストール済 »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ