« auひかり導入にともなうあれこれ(その1) | トップページ | auひかり導入にともなうあれこれ(その3) »

2011年6月 5日 (日)

auひかり導入にともなうあれこれ(その2)

auひかりのHD-STB(H10ST2 あるいは モトローラ VIP2060)について

3月末の「フレッツADSL」から「auひかり」への変更に伴い、接続料金の減額分を使って「auひかりTV」を契約。
2月にSONYのKDL-40HX800を購入して、その画面の美しさに感動していたことから、セットトップボックスはHDMIで接続することが前提であり、3月時点ではHD-STBが唯一の選択肢であった。
2011年6月から新セットトップボックス(ST1100R)が登場し、HDMI接続が可能となった。
H10ST2は月額使用料が1,350円、ST1100Rは525円であり、H10ST2の1台とST1100Rの2台の比較が私の利用方法としては妥当と思われることから、簡単な比較を行ってみた。

HD-STB(H10ST2) ST1100R ST1100R ×2台 備考
利用料 1,350円 525円 1,050円
同時録画
内蔵HDD 500GB 0GB 0GB
同時外付けHDD 2台(2TB×2) 1台(2TB) 2台(2TB×2) ST1100Rはそれぞれに1台
利用可能HDD 5台(2TB×5) 100台(2TB×100) 100台(2TB×100)
DLNA 機能無し 機能あり 機能あり Windows Media Playerは対象外?
NASの利用 不可
ビデオオンデマンド 無し 月1本 月2本
地デジBSCS 受信可(各×2) 無し 無し
HDMI出力
D出力端子 無し(?) 無し(?) D1~D4対応
AV出力端子
AV入力端子
光音声出力
キーワード予約 最大5件 最大10件 最大10件×2
シリーズ予約
録画番組編集 不可 不可 不可

内蔵HDD以外はST1100Rを2台という選択の方がベターである気がしている。書斎に置いたST1100Rで録画した番組をKDL-40HX800で視聴できれば言う事はないが、現状ではDLNAの対応機種に含まれていないため不安がある。また、なぜWindows Media Player(Ver12)の確認が取れていないのかも不思議に思っている。取りあえず契約を変更して試してみるべきと思っている。

« auひかり導入にともなうあれこれ(その1) | トップページ | auひかり導入にともなうあれこれ(その3) »

auひかり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575454/51856132

この記事へのトラックバック一覧です: auひかり導入にともなうあれこれ(その2):

« auひかり導入にともなうあれこれ(その1) | トップページ | auひかり導入にともなうあれこれ(その3) »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ