トップページ | モニター(Dynex DX-26E150J11)の設定変更 »

2011年5月12日 (木)

Ubuntuで4GB以上のメモリーを認識しない場合の確認手順

2011年4月に我が家のPC2台(kasei及びchikyu)にメモリを増設。その際、取り外したメモリを転用してさらにPC2台(tombo、suisei)のメモリを増設し、我が家のPC中、都合4台のメモリが4GB以上となった。(kasei 16GB,chikyu8GB,tombo4GB,suisei4GB)

このPC4台のうちchikyuのみ3.4GBのメモリしか認識されていないように思われ、4GB以上を認識している状態に設定するのに時間を費やしたため、今後のために手順を作成した。

PC(OSはUbuntuを想定)が4GB以上のメモリを認識していないときの確認手順

1.物理的なチェック

  • PC起動時にBIOSで認識されているメモリの容量を確認
  • Memtest86+によるメモリの容量とエラーの出ないことの確認(とりあえず1パス)

2.OSのチェック

  • カーネルは4GB以上を認識できるカーネルか?
→Ubuntuのシステム・モニタの「システム」タグのカーネルを確認する 。
64bitカーネルかpae対応32bitカーネルであれば認識できる

3.OSでのチェック

  • 例えば、安定バージョンを使っていないのでシステム・モニタの表示に疑問があるなどの場合
→ひとつ前の64bit安定版のインストールCDのUbuntuを利用する。
インストールせずにCDでOSを起動してシステム・モニタでメモリ容量を確認する。
  • コンソールで sudo lshwによりメモリの容量を確認する。

4.BIOSの設定の確認

  • Ami BIOSの場合、マザーボードによってはMemory Remmaping FeatureがデフォルトでDisableとなっていることがある。

5.今回はまった原因

PC-chikyuについて8GBを認識できなかった原因は4のBIOS。当初64bitのUbuntu11.04をインストールし、Memtest+やlshwで8GBを認識していたことより、11.04(64bit)にRecommendがついていないこともあってシステム・モニタの不具合を考えた。それゆえ、10.10(64bit)をインストールしてみたり、pae版をインストールしてみたり試行錯誤。当初より32bit Ubuntu(11.04)をインストールしたPC-suiseiの方が認識しているメモリ容量が3.7GBと多いことに気づき、PC-suiseiでは自動的にpaeのカーネルになっていることを確認。 2回ほどPC-chikyuに32bit Ubuntu(11.04)をインストールしても自動ではpaeのカーネルがインストールされないことから、BIOSの設定で4GB超のメモリが認識されていないのではないかとあたりをつけてGoogleでAMI BIOSについて検索して4の設定を知った。 PC-chikyuもPC-suiseiも型番は違うもののAsRockのマザーボードであるためにデフォルトの設定が違うとは考えずBIOSの確認が後回しになったことも時間がかかった理由である。

トップページ | モニター(Dynex DX-26E150J11)の設定変更 »

Ubuntu」カテゴリの記事

システム設定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575454/51651753

この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntuで4GB以上のメモリーを認識しない場合の確認手順:

トップページ | モニター(Dynex DX-26E150J11)の設定変更 »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ